バッチリ間に合ったぜ

アクセスカウンタ

zoom RSS 【MTG】次期スタンダードから始めるブロール・デッキ【Brawl】

<<   作成日時 : 2018/09/10 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ラヴニカのギルドのプレビューも始まり,ローテーションの足音がしてきました。
今回は「次期スタンダードでそのまま使える!バジェット・ブロールデッキ」をテーマにしたデッキレシピをお届けします。



具体的な制約としては
・イクサラン〜基本セット2019までの4エキスパンションのカードのみ
・レア以下のカードのみ
で構築しています。
中でも初心者の導線として力を入れたという基本セット2019の商品、特にデッキビルダーセットの固定封入カードを意識して採用してみたつもりです。


公式記事『Beyond the Basics -上級者への道-』にて、ブロールでの統率者を生かしたデッキ構築が指南されていますが、今回は記事中で触れられていた、ボトムアップ方式に近い方法で構築していきたいと思います。


まずは実際のデッキレシピから

☆…ウェルカムデッキ収録
○…プレインズウォーカーデッキ収録
◎…デッキビルダーセット収録


統率者

《豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty》


クリーチャー:21枚

《もの悲しい詩人/Tragic Poet》
《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》☆◎
《ラノワールの斥候/Llanowar Scout》
《エルフェイムのドルイド/Elfhame Druid》
《荒々しいカヴー/Untamed Kavu》
《僧帽地帯のドルイド/Druid of the Cowl》○
《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》
《再利用の賢者/Reclamation Sage》○
《エルフの再生者/Elvish Rejuvenator》○◎
《這い回る偵察機/Skittering Surveyor》◎
《縄張り持ちのアロサウルス/Territorial Allosaurus》
《レオニンの戦導者/Leonin Warleader》
《カル・シスマの恐怖、殺し爪/Goreclaw, Terror of Qal Sisma》
《蔦草牝馬/Vine Mare》
《暁の天使/Angel of the Dawn》
《セラの天使/Serra Angel》◎
《セラの守護者/Serra's Guardian 》☆○◎
《巨大な戦慄大口/Colossal Dreadmaw》☆○◎
《攻撃的なマンモス/Aggressive Mammoth》☆○◎
《ペラッカのワーム/Pelakka Wurm》○
《原初の夜明け、ゼタルパ/Zetalpa, Primal Dawn》


呪文:13枚

《帰化/Naturalize》◎
《祝福の光/Blessed Light》
《冒険の衝動/Adventurous Impulse》◎
《雷群れの渡り/Thunderherd Migration》
《壊れた絆/Broken Bond》
《自然のらせん/Nature's Spiral》
《灰からの成長/Grow from the Ashes》
《巨大な威厳/Colossal Majesty》◎
《浄化の輝き/Cleansing Nova》
《ジェラードの勝利/Triumph of Gerrard》
《フレイアリーズの歌/Song of Freyalise》
《壊れた絆/Broken Bond》
《封じ込め/Seal Away》◎
《灰からの成長/Grow from the Ashes》
《セラからの翼/On Serra's Wings》


土地:25枚

《平地/Plains》×10
:《森/Forest》×10
:《平穏なる広野/Tranquil Expanse》◎
:《進化する未開地/Evolving Wilds》
:《結束の記念像/Memorial to Unity》
:《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
:《ザルファーの虚空/Zhalfirin Void》

WisdomGuild様でのトリム平均価格:3000円



コンセプトは「マナ加速して!デカブツに飛行・警戒・トランプル・呪禁!いっぱいつけて殴り倒せ!」



1.使いたい1枚を決める

例えどのようなゲーム・フォーマットであろうとも、全ては1枚のカードから始まります。

今回注目したカードはMTGを代表する歴史的なクリーチャー《セラの天使/Serra Angel》。

黎明期から存在し、今月開催の『25th Anniversary マジック:ザ・ギャザリング展』で配布される特製プロモーションカードにも抜擢されるほど代表的なカード。MTGをよく知らなかった頃の私でも認知していたクリーチャーであり、同じように彼女のことは知っていた、という方も多いのでは無いでしょうか。

そう、すなわち「歴史的とは、アーティファクトと伝説と英雄譚、そしてセラの天使のことである。」のです!
そんなアイコニックなカード、せっかくマジックを始めたのだから使ってみたい!というのが本デッキの出発点です。

ただ、残念ながら彼女は歴史的であっても伝説のクリーチャーではないため、統率者として選ぶことはできません。そこで彼女と相性の良いカードで固めてデッキを作ることに。

まずはカードの特性を考えましょう。お願いセラの天使…統率者領域から出て来ないのならせめて助言を頂戴…


・「私は飛行で4/4よ」

4/4…パワー4…4と言えば!
基本セット2019にはパワー4のクリーチャーをサポートするカードが若干枚ありますね。それと組み合わせてみましょう!

《殺し爪》
パワー4以上のクリーチャーのコストを軽減し、トランプルも付与してくれる伝説のクマ。
ややコストの重いセラの天使の召喚から戦闘のサポートまで、手厚くフォローしてくれそうです。残念ながら色が合わないのでそのまま統率者にすることは出来ませんが…
《巨大な威厳》
パワー4以上のクリーチャーがいる限り、毎ターン追加のドロー保証。

これら2枚のカードを出発点にし、緑の豊富なマナ加速カードを交え、セラの天使を含む高パワークリーチャーで盤面を制圧していくコンセプトがうっすらと見えてきました。



2.条件を満たす統率者を探す

白緑の2色を含むレア以下は
《シッセイの後裔、シャナ/Shanna, Sisay's Legacy 》
《豊潤の声、シャライ/Shalai, Voice of Plenty》
の2枚のみ。マナを伸ばして大型を繰り出していく今回のデッキコンセプトでは、横並びを推奨するシャナの力は十分に発揮出来なさそうです。
一方でシャライはパワー3なのが残念ですが、出したセラの天使の場持ちを良く出来る呪禁付与は頼もしそうなので、シャライを統率者に決定。



3.コンセプトを伸ばす

このデッキに必要なのはマナ加速カードと、その目的である大型クリーチャー。

幸いにもマナを加速できるカードの大半はレア以下なので、ありったけのカードを詰め込んでいきます。

《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
《ラノワールの斥候/Llanowar Scout》
《エルフェイムのドルイド/Elfhame Druid》
《僧帽地帯のドルイド/Druid of the Cowl》
《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》
《這い回る偵察機/Skittering Surveyor》
《冒険の衝動/Adventurous Impulse》
《雷群れの渡り/Thunderherd Migration》
《フレイアリーズの歌/Song of Freyalise》
《灰からの成長/Grow from the Ashes》

これらに加え《殺し爪》を含む11枚を採用。



次にセラの天使に続くファッティ(なるべく安い)を選定していきます。
入手しやすい基本セットの番外レア2種である

《セラの守護者/Serra's Guardian 》
《攻撃的なマンモス/Aggressive Mammoth》

は味方への能力付与も持ち合わせており、よりデッキの方向性を定めてくれました。
白の飛行、緑のトランプルと、相手のブロックを制約できる能力をつけてどんどん押し込んでいく戦法に焦点を当て、それらの能力を持つクリーチャで固めることに。また、殴った後の返しの盤面を固められる警戒付与系も採用していきます。

《暁の天使/Angel of the Dawn》
《巨大な戦慄大口/Colossal Dreadmaw》
《ペラッカのワーム/Pelakka Wurm》
《原初の夜明け、ゼタルパ/Zetalpa, Primal Dawn》

こうして選んだのが上記4枚。
先述の2枚とセラの天使を含めて7枚ほどの採用に落ち着きました。この辺り、マナの伸びやすいフォーマット+マナ加速要素もあるとはいえ、どこまで重くすればいいかというのに悩んだのですが、なるべく手札で持てあましたくないため少し抑えめにしています。
その分のマナのつぎ込み先としてシャライの起動能力・及び再キャストを考える形に。

また、これらの中でも《ゼタルパ》はフォーマットでは強力な一枚としてオススメできるとおもっています。高タフネスと破壊不能という組み合わせの為《破滅の刻》をかいくぐれるのが素晴らしく、ほぼ追放除去でしか場を離れず、飛行・警戒のおかげで単体で戦線を維持しながらダメージレースに持ち込め、このデッキの切り札とも言える一枚。
次期スタンダードではアモンケットの神々が去り、高スペックの破壊不能クリーチャーが減る中でゼタルパは継続して使える点はもしかしたら重要になってくるかもしれません。



4.隙間のマナカーブを埋める。


序盤で使うマナ加速カード、終盤で使うファッティと採用していきましたが、このままではその間の3〜4マナ域が不足しています。
マナ域を埋めつつ、なるべくパワ−4以上で固めてシナジーを形成していきたいところ。
選んでみたのは

《荒々しいカヴー/Untamed Kavu》
《再利用の賢者/Reclamation Sage》
《縄張り持ちのアロサウルス/Territorial Allosaurus》
《レオニンの戦導者/Leonin Warleader》
《蔦草牝馬/Vine Mare》

の4枚

《再利用の賢者》と《アロサウルス》はクリーチャーのオマケで除去が付いてくるのが便利で、《レオニンの先導者》と《蔦草牝馬》は優秀な高パワークリーチャーということで選びました。
《荒々しいカヴー》はキッカー能力で序盤〜終盤と任意のマナで唱えられ、序盤でも腐らないパワー4以上枠で、使ってみると中々重宝します。



5.残るスロットは除去に

概ねクリーチャーの選定は終わったので、相手に対応するためのカード、特に全体除去を狙えるものを採用していきます。
…が、今回設けたカードプールではめぼしい全体除去は《浄化の輝き/Cleansing Nova》くらい(残骸の漂着はプレイヤー一人が対象と多人数戦では少々心許ない上にお高めの価格でした)。

そのため単体除去でも質の良い追放除去である

《祝福の光/Blessed Light》
《封じ込め/Seal Away》

を採用しています。
特に《封じ込め》はわずか2マナでインスタント除去が行え、統率者相手には効果が望めないもののブロールでも十分強力なカードではないでしょうか。

これらの少ない除去枚数を補う為、再利用できる様に《自然のらせん/Nature's Spiral》《もの悲しい詩人/Tragic Poet》といった墓地回収カードも合わせて採用しました。
後者の対象は封じ込めを筆頭としつつ、選択肢を増やすため英雄譚等のエンチャントをいくつか採用。セラの天使のファンデッキですし、《セラからの翼/On Serra's Wings》は是非入れたかったのでそことのシナジーも加味しています。
後は対処できないことが無いよう、置物除去として帰化を入れたり。



6.土地はたかが一枚、されど一枚

フォーマットの性質上、5色デッキでも無い限りはスロットの大半は基本土地で埋まります。
それだけに能力つきの土地は「割かざるを得ないスロットでもアクションがとれる」ため重宝します。
特に占術で次のドローの質を上げられる《ザルファーの虚空Zhalfirin Void》は安価ながら役立つ一枚で、個人的には是非採用したい1枚と考えてます。

・多色地形について
これまた大事なスロットを活かせる一枚ですので、なるべく妥協したくないかなという考えですが、まずはタップインデュアルランドから試して、「ここで二色、できればアンタップイン土地があれば…」という場面に出くわしてからでも遅くないかもしれません。私はそうしました。

ちなみに、私の感覚としては土地24枚を目安に入れていますが、今回は冒頭のリンク先でのアドバイスを意識し、土地を1枚増やした25枚にしてみました。



・プレイング

この辺り、正直これと決められるものがまだ私はつかめていません。
というのも、ハイランダーの多人数戦ということでデッキの動きも対戦相手の動きも振れ幅が大きく、定石めいたものがあまりない様に感じています。

そんな中で私が実際に対戦する際の指針として設けてるのは「対処できないことをしてくる色を抑える」ようにしています。
ブロールフォーマットでは統率者の存在のおかげで「ゲーム開始時から相手のデッキカラーがわかる」為、カードプールへの知識が乏しくとも、各色の特徴を捉えておけばある程度何が得意かは想定してプレイできます(あくまで最低限ですが)。

このデッキは回避能力を付与した大型クリーチャーを並べてガンガン殴っていくというのが勝ち筋、かつ打ち消しのような対応策をもっていない為、全体除去に巻き込まれると立て直しが辛い点が挙げられます。
ですので、それらを得意とする色である白、第2に全体ダメージを与える赤の色をもつ統率者に注意して立ち回りたいところです。



肝心の実際のゲームでのあれこれが言えなくてすいません。
正直、私自身経験が浅い初心者な為、どこまで当てになるか見当も付きませんが、ブロールというまだ手つかずの領土といってもいいこのフォーマットを楽しむ一助になれば幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【MTG】次期スタンダードから始めるブロール・デッキ【Brawl】 バッチリ間に合ったぜ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる